輸入ビジネスを個人でやるガイド〜関税に注意〜 

【全国誌BIG tomorrow掲載☆】自宅にいながら、中国から輸入しヤフオクで売る。『在宅中国貿易』

日本人は輸入品に弱い。円高水準も追い風に輸入ビジネスは伸びていくだろう。しかし何からはじめればよいのか不安な方も多いはず。そんな方のため成功へのノウハウを集めてみた。ネットで始める英語不要の輸入ビジネスです。

サイトマップ

スペシャル仕入れ術

まとめ仕入れで利益拡大!

輸入に慣れてきたら利益をこれまで以上に重視した取引を出来るかどうかが重要になる。



同じ商品を仕入れる場合でも少量ずつ輸入するよりもまとめて輸入したほうが商品価格や送料でも値引きが出来ることが多い。

また、イーベイやウェブショップ等でも同じカテゴリーの商品を品揃えしていることが多いので、一緒に仕入れれば価格交渉もしやすい。

どうしても取引したい商品を持つ業者がいくつかある場合は関連商品も含めて確認しよう。

なるべく1ヶ所の取引先からまとめて仕入れるようにしよう。

送料や価格交渉の面でも有利になることが多い。

小資金で輸入品販売を始めた場合は特に気をつけて欲しい。

売れ筋商品は数カ国から仕入れてリスクヘッジする

商売が軌道に乗ってきたら、今度はその商品を安全に取引できるようにしよう。

為替」のことを考えて仕入れをするようにすれば、アメリカドルとユーロのどちらが有利なのかを考えて良いほうの通貨を利用している国と取引しよう。

最初は一番安く仕入れられる国の業者と取引すればよいが、仕入れ数量が増えたら他の通貨国との取引をすれば、片方の通貨が円安になっていたとしても別の国から仕入れれば良い。

人気商品の仕入れはスピードが命

「商品が入荷できた頃にはブームが過ぎていて思うように利益を上げられない」ということが時々ある。

この原因は「仕入れの決断が遅い」「入荷までに時間が掛かってしまった」ということだ。

特に人気商品であればあるほど価格競争になりやすい。

したがって、早い時期に仕入れの決断をしよう。

最低でも原価で捌ければ良いという考え方でスピーディな行動を心がけて欲しい。

また、仕入れの際には事前に相手の業者に確認を取ろう。

そうすることである程度の入荷時期も予測出来るので販売計画も立てやすくなるからだ。

代行会社に依頼するのは損か得か

小規模の輸入ビジネスを行う場合、利益のことを考えると自分ですべての取引を行うようにしたい。

代行輸入や転送サービスなどを利用すれば手数料の分で利益率が減ってしまうのは分かるだろう。

しかし、状況によっては利用するのも1つの手段だ。

日本への発送を行わない業者もあれば海外発行のクレジットカードを利用できないという場合がある。

手数料はそれほど額が掛かるものでもないが、特に開始直後の場合はきちんと計算しておくようにしたい。

海外発送に政府の許可が必要な商品など、面倒な仕入れの場合は代行会社へ依頼するととても便利だ。

ケースによっては自分で購入するよりも送料が安く抑えられる場合も出てくる。

民間の小規模事業者も多いので「代行輸入」などのキーワードで検索してみよう。

アメリカに知人書箱を持つという方法もある。

一度開設してしまえば転送サービスと同じように利用できる。

USABOX(http://www.usabox.com/)は転送サービスの老舗です。

他にも購入代行も行ってくれるうえに、日本語の説明サイト(http://www.usabox.jp/)も充実しているので登録するときには確認してみよう。

状況に応じては代行会社に依頼したほうが良い場合もある。

これらを利用してメリットがあるかどうかを考えてから利用して欲しい。

ドロップシッピングの効果的な利用方法とは?

ドロップシッピングを利用して輸入品販売を行いたいという人が最近増えているが、海外のドロップシッピング業者を利用して日本国内で販売するメリットというのはほとんどない。

アフターサービスの対応も遅れがちになってしまうし、利益の面でも不利な要素が多いからだ。

基本的に価格交渉がしづらいというのが最大の欠点である。

そうすると価格で勝負することが難しくなる。つまり販売者は皆、商品提供業者から同じ価格で仕入れているので、価格競争をすると利益が下がってしまうのだ。

しかし、ドロップシッピングを利用するメリットも無い訳ではない。

自身が販売する商材のおまけとしてドロップシッピング商品を利用するという手段がある。

知人のクライアントの中では、サブ的な商材として日本国内のドロップシッピングを利用している人は多い。

しかし、海外のドロップシッピング業者を利用している人はほとんど居ない。

関税などでお客様の負担が増えてしまう上に、アフターサービスの面でも不利な要素が多いからだ。

それでも、仕入れ手段の1つとして考えることは出来る。

以上の理由から、基本的には海外のドロップシッピング業者を利用することはオススメしない。

しかし、どうしても利用したいという理由があれば、このような使い方をするのが良いだろう。


独占販売契約を結んで日本正規品を売りまくる!

このマニュアルで主に扱っているのは並行輸入販売であるが、最近は「日本総代理店契約」を結んでいる人が増えてきた。

今回はその事例として、1人の方と対談したときの内容を紹介したい。

 「前職を退職してから守秘義務の関係で同じ業界に参入できず、仕方なく新たな業界を探すことになりました。

その時に輸入品販売について知り、早速実践するようになりました。

これは人によって多少の差があると思いますが、知人は開始から20日ほどした頃には海外の取引先が見つかり、2ヵ月後には世界的に有名なドラムのスネアを販売するメーカーと総代理店契約を結ぶことになりました。

現在は日本で数少ない代理店となりましたが、その理由は今までに日本へ輸入されたことが無かったからです。

商品が見つかればあとは宣伝と販売だけです。

全国の楽器店との営業をすることで取引先を確保し、雑誌広告やホームページ制作に時間を費やすようにしました。

現在は関連するシンバルやペダルなどにも力を入れています。

アドバイスでは以下のポイントに関して重点的に教えていただきました。

◆世界にはまだまだ紹介されていない素晴らしい商品が眠っている。探し方さえ気をつければ優れた商材は必ず見つかる

◆直接会話できるのなら、電話で確かめることで仕事のスピードアップにつながる

◆ネット販売は、通常の販売以上に細やかなコミュニケーションが大切である

◆「行動力」が重要である。行動しなければ結果は得られない

これらのポイントについて共感できたので、ネット販売だけでなく店頭での販売も依頼し、そのおかげで業界内にもネットワークができ、新しい人脈も増えました。

輸入品販売はインターネット内で完結だと考えていた知人にとって『ネットはあくまで手段の1つに過ぎない。

商売の基本は人と人との関わりである。』という考え方は非常に大切だと気付かされました。

今後も様々なアイディアや人脈を通してビジネスを続けていくことが楽しみです。」

日本総代理店契約のポイントを押さえる

以上の例はかなり稀有なケースで、すぐに日本総代理店契約を結ぶのは難しいだろう。

しかし、彼のように英語が堪能で行動する勇気と的確な情報収集が出来れば短期間でそれだけの成果を上げることも可能だ。

こちらが小規模事業の場合は相手企業も小規模であれば可能性は上がる。

向こうとしても日本に販売網を持ちたいと考えている企業も多いので、こちらからそのチャンスを与えるくらいの気持ちで居ても良いだろう。

アプローチの仕方としては

◆あなたの企業で販売している商品をぜひ日本にも広めたい

◆日本での需要を知りたいのでテスト的にでも販売したい

この2点を、あなたの情熱が伝わるように相手業者にアプローチをしよう。

また、日本で商標取得に向けて準備していると伝えてもいい。

もし、相手側に総代理店契約を結ぶ気が無いとしても小売りだけでもしたいと伝えよう。

そこで実績を残しさえすれば相手側も気が変わってくる。

個人事業は一般企業以上に信用度がポイントとなる。

もしチャンスがあるようなら各国の大使館商務部や各国の商工会と連絡して、あなたと相手企業の仲介をしてもらおう。

相手側から見ても政府や公の団体からの仲介があればあなたを信頼してくれるだろう。

総代理店契約を結ぶのは簡単なことではない。

しかし、多くの企業にアプローチしてみれば上記の理由から契約してくれる企業に出会えるので、是非交渉して欲しい。

世界中には「日本正規品」として販売できるチャンスがある商材がまだまだたくさんある。

仕入れに関するQ&A

Q.大使館に照会することは出来ますか?

A.仕入先がメーカーの場合は大使館商務部などに照会することも出来る。しかし、取引時の信用調査などは、帝国データバンクなどの調査会社を利用したほうが確実だろう。

Q.イーベイ出品者との価格交渉法、過去の落札価格の見方を教えてください。

A.価格交渉は「Seller info」内にある「Ask a question」をクリックし、「Contact seller」から交渉を行う。イーベイを通すよりもあなたのメールアドレスや電話番号を直接教えた方が今後の連絡にも便利だろう。過去の落札額を確認するには「Advanced Search」をクリックする。検索キーワードで調べたい商品名を入力し、「Completed listings」をチェック、改めて検索すると過去2週間の落札結果が表示される。落札された商品は緑、されなかった商品は赤字で表示される。

輸入家具ショップ 開業予定者限定 事業計画作成パック
輸入ビジネスは簡単
輸入ビジネスの利点
買い付けはパソコンで十分
Yahoo!オークション,イーベイ,ペイパル,amazonUSAへ登録
海外の情報を入手
海外と日本の価格差
英語力不要。メールでやりとり翻訳ソフト利用
小資金スタート並行輸入
輸入の基礎知識
ミプロを利用する
簡単にすぐ売れる商品に特化
商品名は日本語と英語の両方を確認
コロガシ輸入販売法
リスク最小の販売方法
オークファンで商品探し
高額商品を狙う
商品価格によって異なる販売戦略
キーワード選び
類似商品の中にヒット商品が隠れている
ドロップシッピング,アフィリエイト
メーカー統一,カテゴリー統一
仕入先を絞る
楽天市場に出店
ランキング市場を調査
ヤフーオークションを利用
需要の小さなジャンル
英語圏以外の商品
テスト販売で価格調査
在庫処分
携帯サイト開設
商材選び
商材探しのコツ
逆引き検索
海外出品者の情報
ファッションはバイマ
輸入ネット販売に向く商品
テレビショッピング商品
通販雑誌
メーカー,通販会社へ電話して聞く
ネットで検索
海外商品価格調査で利益拡大
書籍や雑誌のヒット商品
人気ブランドの主力商品以外
資金に余裕があれば
最低限の資金で始めるときの商材
スペシャル商材選び術
商品の価格調査は十分に
仕入金額の算定方法
あらゆる手段で仕入れる
メールで複数社に見積りと価格交渉
交渉のコツ
送料,納期などもチェック
仕入業者の選定方法
スペシャル仕入れ術
商品の発注から到着までの時間を予測
輸入に関する法規制
通関と関税
商品の保証
小口輸入,商品代金の決済
為替差損を最小限に
商品代金の支払いが遅い程リスクが減少
商品をストックする場所
商品の売り方
同じ商品でライバルに圧勝
仕入原価で販売しても儲かる?
商品のライフサイクルを見極める
一気に売り切るコツ
薄利多売スパイラル
誠実な対応で稼ぐ
即納体制で売上アップ
取引メールで儲ける
360度発想法
世界中に仕入ルート
SOHOを利用
スペシャルネット販売 基礎編
スペシャルネット販売 応用編
販売時のクレーム対応
ネット輸入販売のために掛ける保険
特定商取引に基づく表示
アフターフォロー
資金追加投入のタイミング
仕入先と顧客から信頼を得る
簡単システム構築
『個人輸入ビジネス大成功の極意』 1週間で40万2231円!個人輸入ビジネスで資金0円から年収1000万円になった!在宅でできる即金ビジネス
リンク集
個人輸入ビジネス大成功の極意 【資金ゼロ、経験ゼロ、英語がわからなくてもできた!無職の私が自宅に居ながら年収1000万円になったワケ】
「3ヶ月で目指せ月収84万円!」小資本輸入ビジネス講座
個人輸入 amazon(英語圏すべて)+ 英語のサイトすべて+eBay+オークションハウス コース

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
ローン 低金利














































































































輸入ビジネスを個人でやるガイド〜関税に注意〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。