輸入ビジネスを個人でやるガイド〜関税に注意〜 

【全国誌BIG tomorrow掲載☆】自宅にいながら、中国から輸入しヤフオクで売る。『在宅中国貿易』

日本人は輸入品に弱い。円高水準も追い風に輸入ビジネスは伸びていくだろう。しかし何からはじめればよいのか不安な方も多いはず。そんな方のため成功へのノウハウを集めてみた。ネットで始める英語不要の輸入ビジネスです。

サイトマップ

スペシャル商材選び術

ジェトロの「TTPP」に登録して、世界中から引き合いをゲットする!

基本的に仕入先にはこちらからアプローチすることが輸入の基本であるが、相手からアプローチをしてもらえるとしたら、あなたにとって有利に仕入れが進められるというメリットが出てくるだろう。



その方法はジェトロ(独立行政法人日本貿易振興機構)の「TTPP(引き合い案件データベース)」(http://www3.jetro.go.jp/ttppoas/index.html)だ。

ここの「買いたい」コーナーに案件を登録すれば、世界中から販売したいという売り込みがやってくることになる。

事業者でなくても登録が可能なので、まずはユーザー登録をしてみよう。

アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど、地域別のお勧め商材と利用方法

日本の製品は品質が高いものが多いと世界中から評価を受けているが、国や地域によってこのような製品の特徴というものがある。

たとえばヨーロッパだったらデザインと品質において優れた商品が多い。

しかも、日本では競合している店も少ないという点で非常に良い商材が隠れている。

また、北欧に目をやると、木材を使った製品はデザインと品質が良く、他の地域と比べても相当可能性がある商材が手に入る。

日本で人気商品となりうるものが見つかるかもしれない。

輸入ではやはりアメリカは絶対にチェックしておきたい。

テレビショッピング商品や便利グッズも多く、また、ユニークなものも多いので、日本人の消費者にとってみるとニーズを満たせる商品が多数揃っているだろう。

アメリカドル、ユーロの円為替は常に把握しておこう。

為替次第では仕入れ値をかなり安く抑えることが出来る。

場合によってはドイツ製の商品をアメリカで仕入れた方が安いというケースもある。

その逆も有り得るので細かく調査し、状況に応じた仕入れをすることが輸入品販売の秘訣である。

また、国によってそれぞれ得意な分野がある。

台湾のようにコンピュータパーツや周辺機器の製造に強かったり韓国のように化粧品美容機器に強かったりとそれぞれ特徴がある。

アジアからの仕入れに目を向けてみよう。何故なら仕入れる時にも日本から距離が近いため日数が掛からないのもメリットである。

インターネットで定点観測すれば「強運」のタイミングが掴める!

毎日多くの新商品が登場しているのは世界中どこの国でも同じだ。

これらの情報はあなたにとって全てチャンスと成り得る。

しかし、これを実践できている人は意外と少ない。

したがって、この作業を徹底できる人はライバルと差をつけることが出来る。

テレビショッピングサイト、オークファン楽天市場などインターネットサイトはもちろん専門誌も定期的にチェックし、常に新しい情報を手に入れるようにしよう。

この方法を「定点観測」と呼ぶことにしているが、これを実践したクライアントにこんな例があった。

最初は順調に販売出来ていたため、商品をある程度在庫を用意していたが競合が増えてきたために売り上げが下がってしまった。

普通なら見切りをつけてそのまま諦めてしまうところだが、定期的にチェックしていたところ、2ヶ月ほど経って出品が急激に減った。

そこで再び仕入れを開始し始め出品したところ利益を上げることが出来たそうだ。

どうやら一時的にインターネット輸入ビジネスを副業で始めた初心者が価格競争をしていた様子だったらしく、一過性のものだったことが原因だったようだ。

以上の例を見ても分かるように定期的なチェックによって何かが起きる。

1週間に1回、曜日を決めて行うようにすれば習慣になるだろうから必ず実践して欲しい。

過去に取り扱った商品など、販売実績や仕入れを記録して自分でも把握しておくことが重要だ。

海外仕入先に直接連絡して情報を入手すると利益倍増?

商品情報を入手するときに、インターネット検索や販売店に直接電話をするのは一般的な手法だがこれと同じように直接海外のメーカーや販売店から情報収集をすることで他の競合者よりも深い情報を手に入れられる。

英語が話せないとしたらメールでのやりとりでも構わない。

ほとんどの競合者は輸入するだけで直接アプローチを取ろうと考えていないから、その行動を起こすだけでも十分である。

さらに、英語が堪能な人は直接電話して話せるとしたらベターだ。

キャンペーンや新商品に関しての情報がいち早く仕入れられたら非常にラッキーで、大きな差をつけることも出来る。


海外サイトを上手に利用し、時間短縮、利益拡大!

日本のウェブサイトを活用する人は多いが、海外サイトを利用する人はほとんど居ないだろう。

しかし、海外にも日本以上にウェブサイトが存在していて、活用すれば色々な情報が入手できる。

クーポン券キャッシュバック制度を使う

クーポン券やキャッシュバック制度を利用すれば商品を安く手に入れられる場合がある。

・BIG CRUMBS(http://www.bigcrumbs.com/)

・COUPON CABIN(http://www.couponcabin.com/)

・CASHBAQ(http://www.cashbaq.com/)

他にも「coupon」などのキーワードで検索すると色々な情報を見つけることが出来る。

メルマガ登録して情報収集

各メーカーのオフィシャルサイトを覗いてみよう。

新製品の情報やキャンペーン情報がいち早く入手できる。

特にオフィシャルサイトでメルマガ登録できるようなサイトであれば、メルマガによってそれらの情報をより早く入手できるし、登録者限定で割引を受けられることもある。

■バルク品サイトではビックリ価格で購入できる

バルク品」とは理由によりメーカーから放出された商品である。

OEMなどで生産したもののメーカーに出荷せず梱包がされていないものや保証がついていないもの等、物があれば良いと考えている場合には良いだろう。

また、故障の心配がない商品の場合にもバルク品での仕入れが向いている。

■過剰在庫商品で激安仕入れが出来る

「過剰在庫商品」とは、メーカーが過剰に作ってしまったために見切りとして損益分岐点に近いところで販売している商品だが、この過剰在庫商品を専門に扱うサイトもある。

アメリカの「オーバーストックドットコム」(http://www.overstock.com/)ならば、あらゆるカテゴリーの商品が揃っているし、多くのアメリカ人が利用している。

このウェブサイトから日本へは商品を発送してくれないので、転送サービスを利用すると良いだろう。

■検索オプションを活用して時間短縮

インターネットを頻繁に利用するユーザーはグーグルを利用して検索する方が多いだろう。

知人もグーグルで情報収集をすることが多い。

その時に、検索条件を絞ることで情報収集の時間短縮が可能になる。

グーグルで検索したいキーワードを入力し、その後、検索ボタンの右「検索オプション」をクリックする。

日付や検索したい地域を絞ることが出来るから、欲しい情報を無駄なく仕入れることが出来るだろう。

売れる商品には共通したルールがある

「売れる商品」これは販売事業者なら誰しもが悩むテーマだろう。

インターネットに流通している商品は星の数ほど存在しているが、その中から売れる商品には共通点がある。

まず大切になってくるのは「キーワード」である。

ここで対象となるお客様は商品を具体的、あるいは抽象的に検索してやってくる方だろう。

売れる商品を生み出すためにはその検索に引っ掛かるキーワードで商品を販売する事が前提となってくる。

キーワード検索には大きく分けて二種類ある。

「商品(ブランド)名」と「欲求ワード」だ。

需要のある商品名やブランド名が普段どの程度検索されているか調べる方法は前述しているが、これを調べることで消費者ニーズの概観を把握出来る。

その商品をフックとなる商材として揃えておきたい。

1ヶ月の検索数がどのくらいだと良いかと考えたとき、大体1〜5万件程度が目安となる。

これ以上だと競合者が多い可能性が高いし、それより少ないと市場が狭い上に利益も上げにくくなるからだ。

しかし、商品単価が高額という場合には若干検索数が少なくても可能性はある。

商品名で検索した後、スポンサーリンクを確認して欲しい。

これによって競合者がどの程度存在しているか把握できる。

広告が10件以内であれば、あなたが広告を出した場合に1ページ目に表示されるためお客様に来てもらえる確率はグンと高くなる。

PPC広告では3位以内に表示されればかなり効果が上がる。

「欲求ワード」は抽象的なワードだが、消費者にとっては商品名やブランド名よりも効果に興味を持っているので、条件次第ではマイナーなメーカーでも勝負できる。

例えば「ダイエット」で検索しているお客様からしたら、コストパフォーマンスが優れている類似商品の方が人気商品よりも興味を持つことも多いのだ。

あなたが商材選びをしているものが、どのようなニーズの上に成り立っているかを考え、検索数や競合サイトを調査しよう。

「フェレットプラス」(http://ferret-plus.com)での調査がお勧めだ。

無料で調査できる上に、登録さえすればさまざまなデータを詳細に調べることも出来るので、ネットビジネスを始める上では欠かせないサイトになるだろう。

「キーワード調査」では最新キーワードが一ヶ月間でどれだけ検索されているか分かるので、ライバルサイトがどのようなSEO対策を行っているか簡単に調べられるツールも用意されているので、自分が販売したい商品を他の競合者はどのように扱っているかを知ってから仕入れするかどうかを判断することも出来る。

他にも様々なサービスがあるが、これらは無料で利用できる上にネットビジネスをしていく上でのヒントが手に入る。

ビジネスは古今東西を問わず情報戦が重要である。

輸入家具ショップ 開業予定者限定 事業計画作成パック
輸入ビジネスは簡単
輸入ビジネスの利点
買い付けはパソコンで十分
Yahoo!オークション,イーベイ,ペイパル,amazonUSAへ登録
海外の情報を入手
海外と日本の価格差
英語力不要。メールでやりとり翻訳ソフト利用
小資金スタート並行輸入
輸入の基礎知識
ミプロを利用する
簡単にすぐ売れる商品に特化
商品名は日本語と英語の両方を確認
コロガシ輸入販売法
リスク最小の販売方法
オークファンで商品探し
高額商品を狙う
商品価格によって異なる販売戦略
キーワード選び
類似商品の中にヒット商品が隠れている
ドロップシッピング,アフィリエイト
メーカー統一,カテゴリー統一
仕入先を絞る
楽天市場に出店
ランキング市場を調査
ヤフーオークションを利用
需要の小さなジャンル
英語圏以外の商品
テスト販売で価格調査
在庫処分
携帯サイト開設
商材選び
商材探しのコツ
逆引き検索
海外出品者の情報
ファッションはバイマ
輸入ネット販売に向く商品
テレビショッピング商品
通販雑誌
メーカー,通販会社へ電話して聞く
ネットで検索
海外商品価格調査で利益拡大
書籍や雑誌のヒット商品
人気ブランドの主力商品以外
資金に余裕があれば
最低限の資金で始めるときの商材
スペシャル商材選び術
商品の価格調査は十分に
仕入金額の算定方法
あらゆる手段で仕入れる
メールで複数社に見積りと価格交渉
交渉のコツ
送料,納期などもチェック
仕入業者の選定方法
スペシャル仕入れ術
商品の発注から到着までの時間を予測
輸入に関する法規制
通関と関税
商品の保証
小口輸入,商品代金の決済
為替差損を最小限に
商品代金の支払いが遅い程リスクが減少
商品をストックする場所
商品の売り方
同じ商品でライバルに圧勝
仕入原価で販売しても儲かる?
商品のライフサイクルを見極める
一気に売り切るコツ
薄利多売スパイラル
誠実な対応で稼ぐ
即納体制で売上アップ
取引メールで儲ける
360度発想法
世界中に仕入ルート
SOHOを利用
スペシャルネット販売 基礎編
スペシャルネット販売 応用編
販売時のクレーム対応
ネット輸入販売のために掛ける保険
特定商取引に基づく表示
アフターフォロー
資金追加投入のタイミング
仕入先と顧客から信頼を得る
簡単システム構築
『個人輸入ビジネス大成功の極意』 1週間で40万2231円!個人輸入ビジネスで資金0円から年収1000万円になった!在宅でできる即金ビジネス
リンク集
個人輸入ビジネス大成功の極意 【資金ゼロ、経験ゼロ、英語がわからなくてもできた!無職の私が自宅に居ながら年収1000万円になったワケ】
「3ヶ月で目指せ月収84万円!」小資本輸入ビジネス講座
個人輸入 amazon(英語圏すべて)+ 英語のサイトすべて+eBay+オークションハウス コース

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
変動金利 動向
























































































































輸入ビジネスを個人でやるガイド〜関税に注意〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。