輸入ビジネスを個人でやるガイド〜関税に注意〜 

【全国誌BIG tomorrow掲載☆】自宅にいながら、中国から輸入しヤフオクで売る。『在宅中国貿易』

日本人は輸入品に弱い。円高水準も追い風に輸入ビジネスは伸びていくだろう。しかし何からはじめればよいのか不安な方も多いはず。そんな方のため成功へのノウハウを集めてみた。ネットで始める英語不要の輸入ビジネスです。

サイトマップ

海外出品者の情報

輸入品販売ビジネスは海外から商品を輸入して日本国内で販売することにある。



この「海外から商品を送ってくる」という点に着目すると、ヤフーオークションの見え方も変わってくる。

ヤフーオークションは海外からの出品者も意外と多い。

出品者の地域を「海外」に限定すれば、海外で出品している人が把握できるから、そこで実績のある商品を探せば市場動向がつかめる。

ヤフーオークションのトップページから検索ボタンの右側にある検索オプションを押してみよう。

そこから輸入品と推測できるキーワードを入力し、出品者の地域を指定するだけで絞り込み検索が出来る。



まずは自分が興味を持っているジャンルでかまわないから商品タイトルをクリックして、その出品者の過去の評価を調べる。

その中で同じ商品が何回も取引されているようであれば、その人は商売として利益を得ていると考えられるので、同じ商品をオークファンでチェックし、仕入れ価格を確認すればよい。

落札者としては同じ価格なら海外から出品している人より日本で出品している人から買いたいと考えるだろう。

つまり、価格で勝負出来なくても有利に販売できるようになるのだ。

輸入家具ショップ 開業予定者限定 事業計画作成パック
輸入ビジネスは簡単
輸入ビジネスの利点
買い付けはパソコンで十分
Yahoo!オークション,イーベイ,ペイパル,amazonUSAへ登録
海外の情報を入手
海外と日本の価格差
英語力不要。メールでやりとり翻訳ソフト利用
小資金スタート並行輸入
輸入の基礎知識
ミプロを利用する
簡単にすぐ売れる商品に特化
商品名は日本語と英語の両方を確認
コロガシ輸入販売法
リスク最小の販売方法
オークファンで商品探し
高額商品を狙う
商品価格によって異なる販売戦略
キーワード選び
類似商品の中にヒット商品が隠れている
ドロップシッピング,アフィリエイト
メーカー統一,カテゴリー統一
仕入先を絞る
楽天市場に出店
ランキング市場を調査
ヤフーオークションを利用
需要の小さなジャンル
英語圏以外の商品
テスト販売で価格調査
在庫処分
携帯サイト開設
商材選び
商材探しのコツ
逆引き検索
海外出品者の情報
ファッションはバイマ
輸入ネット販売に向く商品
テレビショッピング商品
通販雑誌
メーカー,通販会社へ電話して聞く
ネットで検索
海外商品価格調査で利益拡大
書籍や雑誌のヒット商品
人気ブランドの主力商品以外
資金に余裕があれば
最低限の資金で始めるときの商材
スペシャル商材選び術
商品の価格調査は十分に
仕入金額の算定方法
あらゆる手段で仕入れる
メールで複数社に見積りと価格交渉
交渉のコツ
送料,納期などもチェック
仕入業者の選定方法
スペシャル仕入れ術
商品の発注から到着までの時間を予測
輸入に関する法規制
通関と関税
商品の保証
小口輸入,商品代金の決済
為替差損を最小限に
商品代金の支払いが遅い程リスクが減少
商品をストックする場所
商品の売り方
同じ商品でライバルに圧勝
仕入原価で販売しても儲かる?
商品のライフサイクルを見極める
一気に売り切るコツ
薄利多売スパイラル
誠実な対応で稼ぐ
即納体制で売上アップ
取引メールで儲ける
360度発想法
世界中に仕入ルート
SOHOを利用
スペシャルネット販売 基礎編
スペシャルネット販売 応用編
販売時のクレーム対応
ネット輸入販売のために掛ける保険
特定商取引に基づく表示
アフターフォロー
資金追加投入のタイミング
仕入先と顧客から信頼を得る
簡単システム構築
『個人輸入ビジネス大成功の極意』 1週間で40万2231円!個人輸入ビジネスで資金0円から年収1000万円になった!在宅でできる即金ビジネス
リンク集
個人輸入ビジネス大成功の極意 【資金ゼロ、経験ゼロ、英語がわからなくてもできた!無職の私が自宅に居ながら年収1000万円になったワケ】
「3ヶ月で目指せ月収84万円!」小資本輸入ビジネス講座
個人輸入 amazon(英語圏すべて)+ 英語のサイトすべて+eBay+オークションハウス コース

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
キャッシング 借りる



輸入ビジネスを個人でやるガイド〜関税に注意〜 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。